無料プレゼント

警備員指導教育責任者とは

警備員指導教育責任者とは
公安委員会の交付する警備員指導教育責任者資格者証の交付を受け、警備業務に関する専門的知識、及び
技能を有する者で、警備業務を適正に行うために、警備員に対する指導、教育を行う重要な役割を担っています。
平成17年11月21日施行された改正警備業法では、営業所ごと及び当該営業所において取り扱う警備業務
の区分ごとに当該警備員指導教育責任者を選任し、指導、教育、監督に当たらせることが義務づけられています。
また、警備員指導教育責任者資格者証についても、警備業務の区分ごとに交付されることになりました。

警備員の歴史
昭和37年に国内最初の警備会社が誕生。当時警備は警察がするものという認識をされていたので、警備員の仕事といえば雑務が多かった。しかし、昭和39年の東京オリンピックで世間的に認知されるようになる。その後1970年にオリンピック以来の国家的イベント、当時アジア初の開催に日本中が盛り上がったものの、計183日で動員6400万人を迎え撃つ警備員はたったの1200人。途中エスカレーターでの軽傷事故があったものの、小館徳衛氏の指揮の下、無事に終えた。現在でもこの時のできごとは警備模範となり、ブロック分けなどの技術が受け継がれている。

銃器所持の警備員

2008年11月11日
通常日本における警備員は特別に権限を与えられていない民間人であるが、 在日米軍の基地に配置されている警備員は、拳銃等の銃器を携帯している場合もある。 これは在日米軍基地内は日本の法律が適用されないためではなく、日米地位協定に基づく法的根拠があるためである(注:在日米軍基地は治外法権地域ではない)。


posted by 立硝警備 at 22:23 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。