無料プレゼント

警備員指導教育責任者とは

警備員指導教育責任者とは
公安委員会の交付する警備員指導教育責任者資格者証の交付を受け、警備業務に関する専門的知識、及び
技能を有する者で、警備業務を適正に行うために、警備員に対する指導、教育を行う重要な役割を担っています。
平成17年11月21日施行された改正警備業法では、営業所ごと及び当該営業所において取り扱う警備業務
の区分ごとに当該警備員指導教育責任者を選任し、指導、教育、監督に当たらせることが義務づけられています。
また、警備員指導教育責任者資格者証についても、警備業務の区分ごとに交付されることになりました。

警備員の歴史
昭和37年に国内最初の警備会社が誕生。当時警備は警察がするものという認識をされていたので、警備員の仕事といえば雑務が多かった。しかし、昭和39年の東京オリンピックで世間的に認知されるようになる。その後1970年にオリンピック以来の国家的イベント、当時アジア初の開催に日本中が盛り上がったものの、計183日で動員6400万人を迎え撃つ警備員はたったの1200人。途中エスカレーターでの軽傷事故があったものの、小館徳衛氏の指揮の下、無事に終えた。現在でもこの時のできごとは警備模範となり、ブロック分けなどの技術が受け継がれている。

警備員指導教育責任者申請方法

手続の概要
警備員指導教育責任者及び機械警備業務管理者資格者証の交付を受ける場合

根拠規定
警備業法

対象者
警備員指導教育責任者講習又は機械警備業務管理者講習を受け、その課程を修了している者

提出書類
@申請書様式
警備員指導教育責任者(機械警備業務管理者)資格者証交付申請書
無料ダウンロードはこちら→WORD形式PDF形式

A添付書類
・警備員指導教育責任者講習修了証明書
・履歴書
・住民票の写し
・身分証明書
・登記事項証明書
・診断書
・誓約書(法第22条第4項)
【機械警備業務管理者】
・機械警備業務管理者講習修了証明書
・履歴書
・住民票の写し
・身分証明書
・登記事項証明書
・診断書
・誓約書(法第42条第3項)

補足説明
・正本1通ご用意ください。
・添付書類については、警察署の生活安全課で確認して下さい

手数料(使用料)
有。手数料額:9,800円。納付方法:栃木県収入証紙

受付期間・時間
随時

提出先
申請者の住所地を管轄する警察署の生活安全課

提出方法
申請者が持参

問合せ先(所管課)
・申請者の所在地を管轄する警察署の生活安全課

備考
警備員指導教育責任者講習修了証明書は、業務区分ごとの講習修了証明書でないと無効となります。

警備員指導教育責任者試験

警備員指導教育責任者試験
試験日程
実施団体までお問い合わせください。
受験地
全国各地
受験料
受講地により異なります。35,000〜50,000円前後
合格発表日
実施団体までお問い合わせください。
受験申込・問合せ
(社)全国警備業協会 03-3342-5821
ホームページ
(社)全国警備業協会

警備員指導教育責任者資格

警備員指導教育責任者資格
警備員指導教育責任者(けいびいんしどうきょういくせきにんしゃ)は、昭和57年の警備業法改正により機械警備業務管理者とともに制度化された国家資格である。

概要
全ての警備業務区分において共通の1つの資格であったが、平成17年11月21日に施行された改正業法において、
1号警備(施設警備業務・空港保安警備業務・店舗内保安警備業務・機械警備業務)
2号警備(交通誘導警備業務・雑踏警備業務)
3号警備(輸送警備業務)
4号警備(身辺警備業務・緊急通報サービス)の各警備業務区分ごとの4つの資格に分割された。
警備業者は、警備業務を行うにあたっては、営業所で行う警備業務区分ごとに公安委員会が交付した当該警備業務区分に係る警備員指導教育責任者資格者証を有する者を警備員指導教育責任者として選任し、その営業所の所在地を管轄する公安委員会に届け出なければならず、警備員指導教育責任者を選任せずに警備業務を行うことは、許されない。但し、複数の警備業務を行う営業所において、その全ての業務に係る警備員指導教育責任者資格者証の交付を受けている者を選任できる場合は区分ごとに選任することを要しない。

警備員指導教育責任者問題

pht_06001.jpg 警備員指導教育責任者講習教本I(基本編)2,100円
指導教育責任者講習の基本テキスト
警備員指導教育責任者講習受講者のための講習テキスト。基本編は、「法令編」「共通実務編」「指導教育編」によって構成され、警備員指導教育責任者資格者証の取得に必要な知識・技能の習得に。巻末付録の「CD-ROM」によって、実技の体得を。実務編(1号から4号)と併せてご活用ください。
●警察庁生活安全局生活安全企画課協力 ●(社)全国警備業協会編集・発行

pht_06001.jpg 警備員指導教育責任者講習教本II(実務編)1,680円
指導教育責任者講習の実務テキスト
警備員指導教育責任者講習受講者のための講習テキスト。実務編は、「1号(施設警備業務)」「2号(雑踏警備業務・交通誘導警備業務)」「3号(運搬警備業務)」「4号(身辺警備業務)」の業務の区分ごとに構成。警備員指導教育責任者資格者証の取得に必要な知識・技能の習得に。(基本編)と併せてご活用ください。

●警察庁生活安全局生活安全企画課協力 ●(社)全国警備業協会編集・発行

pht_06001.jpg 警備員指導教育責任者講習演習問題集1,995円
指導教育責任者講習の基本テキスト
警備員指導教育責任者講習の修了考査は五肢択一問題。出題される可能性の高い項目を取り上げた120問を厳選。
●(社)全国警備業協会編集・発行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。